Lastline Defender

サイバー攻撃を検出して封じ込める
ネットワークおよびクラウドセキュリティ

情報漏洩などの大きなダメージが発生する前に、オンプレミス
ネットワークやパブリッククラウドに侵入して活動する高度な脅威を防御。

Lastline Defender

AIを活用したネットワークセキュリティ

ネットワークを狙う高度な脅威の真実を突き止める

Lastline Defender™ は、ネットワークに侵入または動作する高度な脅威に対してその全体像を最も忠実に検出し、可視化を提供します。このネットワークセキュリティソリューションは、オンプレミスネットワークやパブリッククラウド、ハイブリッドクラウド環境を保護し、このような複雑で多様なネットワーク全体にわたって、包括的な可視性を提供します。その結果、誤検知を排除した完全な脅威検出の実現、セキュリティチームの脅威に対応するスピードの向上、脅威対応ワークフローの自動化が可能です。

Lastline Defender for Email

電子メールに潜む洗練された脅威を検出

既存のメールセキュリティ対策を回避する高度な脅威を阻止

クラウドメールにもオンプレミスのメールにも比類のない防御を提供する追加の防御層として、Lastline Defender を展開します。高度なAIセキュリティテクノロジーを活用して、既存のメールセキュリティ対策を回避するよう設計された高度な脅威をブロックします。

Lastline Defender for Cloud

AIを活用したクラウドワークロードのためのネットワークセキュリティ

AWS環境に侵入し、横展開して情報を窃取する脅威の全体像を検出

Lastline Defender™ for Cloudは、AWS内におけるパブリッククラウドのパブリックセグメントとプライベートセグメントの両方で高度な脅威の比類ない可視性を実現するための、業界初のクラウドネイティブなセキュリティソリューションです。

AWS環境内に侵入し動作する悪意のある活動を迅速に可視化することができ、より迅速に対応することが可能です:

  • クラウドワークロードのインバウンドエクスプロイト:脆弱なアプリケーションおよびサービスへの攻撃を阻止します
  • 横展開する悪意のあるラテラルムーブメント:攻撃者が他のワークロードのスキャンを検出し、ラテラルムーブメントをブロックします
  • 情報漏洩:情報窃取の前に匿名のデータアクセスを検出してブロックします

Lastline Defender for IoT

IoTの脆弱性を軽減

総合的なIoT(モノのインターネット)セキュリティ

Lastline Defender™ for IoTは、IoTデバイスに関連した悪意のある活動からネットワークを保護します。企業ネットワークにおける急速なIoTの利活用により、次のようなセキュリティ上の課題が多数顕著化しました:

  • IoTデバイスにおけるセキュリティ対策の欠落
  • IoTデバイスの脆弱性
  • ネットワークに接続されているIoTデバイスの急速な増加

Lastline Defender for IoTは、ネットワーク上のIoTに関連するセキュリティの課題を解決します。セキュリティ侵害を受けたIoTデバイスなど、ネットワークに侵入または動作する脅威に対して、その全体像を忠実に検出、可視化します。

Lastlineの技術基盤

Lastlineのセキュリティ違反防御プラットフォームは、ネットワーク内で展開されるセキュリティ違反の詳細な動作見取り図を示すことにより、セキュリティ違反の全貌を完全に可視化します。この情報を活用することで、少ないリソース、低コストでも短時間でセキュリティ違反を排除することが可能になります。

Lastlineプラットフォームは6つのコンポーネントで構成されており、これらを連携させることによって統合的対応に必要とされるセキュリティ違反の完全な可視化を実現します。弊社のプラットフォームを使用すると、セキュリティ違反のネットワーク浸入に併せて影響を受けるすべてのシステム、アプリケーション、データセットを表示できるため、検出と防止の所要時間が短縮されます。このような見識を得ることにより、セキュリティ違反への対応とリスク軽減に注力して対応効率を最大限に高めることができます。

マルウェア解析
ネットワークベースの当社のマルウェア検出テクノロジー「Deep Content Inspection™」は、CPU、システムメモリ、ハードディスク、I/Oなど、すべてのデバイスを含むホスト全体のシミュレーションを行って、包括的なマルウェア解析を提供します。

ネットワーク解析
セキュリティレベルの低いイベントや一見無害なアクティビティを含めたネットワークアクティビティを監視して悪質なすべてのイベントを検出し、ダウンロード、Webサイトのコンテンツ、メールの添付ファイルに起因するネットワーク内の潜在的脅威を追跡します。

脅威インテリジェンス
ローカルネットワーク上に検出されたすべての悪意のあるアクティビティのグローバルコンテキストを示します。これにより、ネットワーク上のアクティビティが、Lastlineの顧客ベース全体から検出されたアクティビティとどのように関連しているかを把握することができます。

セキュリティ違反解析
セキュリティ違反とは関係なさそうに見えるイベント間の関係を突き止めます。マルウェア解析、ネットワーク解析、脅威解析のデータを相関させ、機械学習とAIを活用して、種類の異なる振る舞いを結び付けます。

セキュリティ違反への対応
セキュリティ違反の可視化とコンテキストを活用して、攻撃ライフサイクルの早期段階ですばやく効果的に対応することができます。

統合
Lastlineのオープンアーキテクチャは、現在ご利用のセキュリティ投資を補足して、既存のワークフローを最適化するために設計されました。当社の多様なテクノロジー・アライアンス・パートナーと堅牢なAPIを用いることで、サードパーティ製品およびワークフローと双方向にデータを共有することができます。

会社概要

Lastlineは高額の損失につながる情報漏洩が起きる前に、高度なマルウェアやブラウザーベースの攻撃を検出するテクノロジーを駆使して、組織が脅威からの防御を改良する方法に革命をもたらします。

2011年、世界的に優れたサイバーセキュリティ学術研究者、エンギン・カーダ(Engin Kirda)、クリストファー・クルーゲル(Christopher Kruegel)、ジョバンニ・ヴィーニャ(Giovanni Vigna)の3名により、Lastlineが創立されました。当社の使命は、ネットワークセキュリティ、マルウェア解析、検知回避技術に関する創始者の世界的に名高い研究、学術的根拠の厳格さ、ネットワーク侵害からの保護への革新的アプローチ、そして企業のサイバーセキュリティの向上への情熱に体現されています。

他社の追随を許さない正確さと有効性レベル、また会社のネットワークと資産を保護することに関するCISOの圧力の高まりを重視した結果、具体的で対応可能、かつコンテンツ豊富な脅威インテリジェンスを提供し、最大級で最も大きな成功を収める世界中の組織のデータ損失を低減させられる会社が誕生しました。

Lastlineのセキュリティ違反
保護ソリューションをご自身でご体験ください
Skip to toolbar ログアウト